顎関節症(咬み合わせ不安定症候群)の治療は,
消炎鎮痛剤を飲む,筋肉の訓練をする,そしてかみ合わせの治療つまりスプリントやマウスピースからの治療を試みることです.
マウスピースやスプリントは,かみ合わせからの治療です.

歯並びだけがかみ合わせと思っていませんか

良いかみ合わせは,痛みなく 両側の奥歯でしっかりと噛めている状態を言います.
マウスピースやスプリントは,厚さは,できるだけ薄い
1ミリぐらいのものを勧めます.私は 0.5ミリで 製作することあります.足したり削ったりして しっかりと 歯と歯を接触させて 入れておくと 筋肉症状が軽減するかどうか 経過を診ます.
安易に 歯を削ったりしないことをすすめます
スプリントで安定すると,歯の接触があまいことつまり接触点不足が判明し,歯の低いところに,足すことが多いです.

●第一段階 アゴの補正装置(スプリント、マウスピース)の使い方

splint_up01
より楽な咬み合わせの位置をさがし、アゴのバランスを補正し矯正するプラスチックの装置です。
第一段階の補正するためのプラスチックの装置です
.
アゴが痛い,音がする,真っ直ぐに口が開かない方は、アゴの体操も是非して下さい。頭痛、肩こり、めまい、腰痛、脊柱湾曲症などの症状のお持ちの方は、装置を入れて首,,腰、膝や足の体操もしてください。また入浴中では,よりリラックス効果があります。治療の時に必ずご持参ください。 毎回、バランス状態を検査し、より安定するように調整します。

注意すること

装置を長く入れていてかえって顎の関節が痛くなったり、疲れた感じがある時は、装置の使用を一時見合わせてください。まだ調整が必要です。


◆是非大切にご使用下さい。紛失しますと再製作の費用
(30,000)がかかることがあります。
◆飲めないほどの熱いお湯に決して漬けないで下さい
.変形します。


●第一段階 アゴを安定させるためのプラスチック装置 / 保険 診療 3割負担 ¥4,710.



装置を入れて、弱くカチカチと咬んで左右が均等か調べて下さい.安定感がありますか
?
噛んだとき 左右均等に多く接触し,安定感が増加して欲しいのです。  
 
●関節の痛みがある方,口が開かない方は,できるだけ長く入れて欲しいのです

●装置を長く入れていてかえって顎の関節が痛くなったり、疲れた感じがある時は、装置の使用を一時見合わせてください。まだ調整が必要です
顎の関節が変形ズレ,クセが強いときは,安定型装置では,補整しきれないことがあります.その時は,より補整する力のある ピボット・スプリントまたは,側方・スプリントという違う装置に変更します.

スプリントのアゴを安定させるための装置は,発音しにくいため,時々はずさざるを得ないかもしれません.昼でも、お話ししないとき、車の運転時など できるだけ長く,入れておいてください。痛みの強い方、アゴが不安定な方は、楽になるときは,できるだけ長めに使用してください。 

●痛みの症状が弱い方、症状が強くないときは,装置の使用時間は、夜間中心か 車の運転時もしくは咬み合わせの診断前
10分などに使用し、時間が短くても いいでしょう.

食事の時は、外しても食事してかまいませんが、はずすと歯と歯がうまく噛み合わない感じが強く出ます。外すと食事が噛めない方は,食事10-20分前に 装置を外してください.咬み合わせは以前の状態に戻ります.接触点の多い安定したプラスチック装置を外すと, 歯がうまく噛み合わなくなります。それは今までの噛み合わせが、歯の接触点の数が少なく、アゴの位置が不安定でズレていたのがはっきりと分かったためです
アゴの体操やスプリントが効果が出ますと、いぜんより口が開きやすくなり、関節から音がしたり、少し曲がりながら口が開きやすくなります

●噛み合わせの検査と診断 / 咬合診断
 装置を外して、できるだけ弱くカチカチと咬んでみて下さい。どこが最初に接触しますか
?どこの接触が弱く感じますか感じてみて下さい。ズレの大きい方は模型検査をすすめます。


● 第二段階 その1 ★ 歯を,削って補正する ( 治療では これのみ 保険適応です) 

 

● 第二段階 その2   ダイレクト・スプリント治療  原則保険適応外


★★ 自分の歯は、決して削らないでプラスチックを接着し修正する
スプリントを外すと接触点が少なく不安定なとき
, 安定感が増すように 接触点が弱い不足している部位に、
プラスチックを接着させ、接触点を増やし、より安定するように修正する。
  咬み合わせ修正用のプラスチックが時に はずれると 不安定な感じが強く感じます
  はずれると接着前に戻って はっきりと ズレていることがはっきりしたためです

● 第三段階 ★★★ 治療冠、精密冠をかぶせて補正,修正 歯列矯正



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本顎関節症リハビリ研究室 in 仙台
link-arrow  http://kamiawaseha.com  かみ合わせ歯  メイン
link-arrow http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth
link-arrow http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant 

川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
link-arrow http://milky.geocities.jp/kamiawaseha
〒983-0023
仙台市宮城野区福田町1-2-3
  電話 FAX 022-259-3022
eメール kamiawase@gmail.com かみ合わせ
    インプラント外来   
●ビデオ link-arrow http://jp.youtube.com/keepsmile31
●ブログ link-arrow http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~