歯周病で認知症悪化、原因タンパク質が増加
2013.6.1 18:35
 名古屋市立大大学院の道川誠教授(生化学)らの研究チームが、歯周病が認知症の一種、アルツハイマー病を悪化させることをマウスの実験で明らかにし、日本歯周病学会で発表した。
 研究チームは、人工的にアルツハイマー病に罹患(りかん)させたマウスを用意。2グループに分けて、一方だけを歯周病菌に感染させた。
 これらのマウスを箱に入れて球や三角錐(さんかくすい)の物体を2つ見せた後、うち1つを置き換えて反応を調べると、歯周病のないマウスは新しく置いた物体へ頻繁に近づくが、歯周病を併発したマウスは反応が変わらなかった。道川教授によると、認知機能が低下し、最初に見た物体の形を忘れているため、新しい物体に興味を示さなかったという。
 道川教授は「歯周病治療で、認知症の進行を遅らせられる可能性が出てきた」としている。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130601/bdy13060118370003-n1.htm

アルツハイマー、歯周病で悪化 マウス実験で判明 名古屋市大大学院チーム
2013/6/1 18:59

 名古屋市立大大学院の道川誠教授(生化学)らの研究チームが、歯周病が認知症の一種、アルツハイマー病を悪化させることをマウスの実験で明らかにし、1日までに日本歯周病学会で発表した。
 道川教授によると、これまで歯周病とアルツハイマー病の関係は科学的に研究されておらず、「歯周病治療で、認知症の進行を遅らせられる可能性が出てきた」としている。
 同大学院と国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)、愛知学院大(同県日進市)の研究チームは、人工的にアルツハイマー病に罹患(りかん)させたマウスを用意。2グループに分けて、一方だけを歯周病菌に感染させた。
 これらのマウスを箱に入れて球や三角すいの物体を2つ見せた後、うち1つを置き換えて反応を調べると、歯周病のないマウスは新しく置いた物体へ頻繁に近づくが、歯周病を併発したマウスは反応が変わらなかった。道川教授によると、認知機能が低下し、最初に見た物体の形を忘れているため、新しい物体に興味を示さなかったという。
 実験後にマウスの脳を調べると、歯周病菌に感染してからの約4カ月間で、記憶をつかさどる海馬にアルツハイマー病の原因となるタンパク質が沈着し、歯周病のマウスの方が面積で約2.5倍、量で約1.5倍に増加していた。〔共同〕
 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG01009_R00C13A6CR8000/


歯周病と認知症の関係(歯周病と生活習慣病の関係)


65歳以上の高齢者で、自分の歯がほとんどなくて、入れ歯も使っていない人は、歯が20本以上ある人に比べて認知症になる確率が1.9倍になるという調査結果を、厚生労働省の研究班がまとめたとの報道がありました。

歯が無い人は認知症になる確率が高くなります


この調査は厚生労働省の研究班が、愛知県に住む65歳以上の高齢者およそ4500人を対象に、4年間にわたって追跡調査したものです。
その結果は、認知症になるリスクが、自分の歯が20本以上ある人に比べて、歯がほとんど無くて、入れ歯も使っていない人では1.9倍になったそうです。
歯がほとんど無くて、入れ歯を使っている人では1.2倍に高まっていたということです。また、硬い物を噛めない人は、どんなものでも噛める人に比べて1.5倍高かったそうです。
歯が無い高齢者で認知症のリスクが高くなるのは、歯周病が認知症の一因となる脳梗塞に関係している場合や、噛む力の低下で脳への刺激が失われるためと考えられています。

歯周病と生活習慣病の関係


また、歯周病と心臓発作や脳梗塞、糖尿病、早産等とが関係あることがわかってきました。これは前記のように、歯周病等によって歯が失われることで、認知症のリスクが高まると考えることもできます。
75
歳以上の人に残っている平均の歯の本数は9本と言われています。歯で物を噛む機能だけではなくて、歯根膜から神経を通して脳へ刺激が伝わります。この食べ物をかみ砕く時の刺激で、脳が活性化され、血流量が増加すると考えられます。
75
歳以上の人に残っている歯数は平均約9本ですが、アルツハイマー型認知症患者の人は残っている歯数が平均して約3本だったそうです。
歯周病を予防することは 生活習慣病や全身疾患の予防にもなります。毎年12度、歯の健康診断も受けたいものです。
http://as76.net/health/ha_ninti.php


カリフォルニア大学の研究で、きちんと

歯を磨くと記憶力のアップにつながる 

ことが判明しました。

研究者らは18年間 5,500人の高齢者を継続的に調査しました。その結果、1日に1回しか歯磨きをしなかったひとは13回歯磨きをしたひとに比べて、認知症を発症する可能性が65%も高くなることがわかりました。つまり、認知症になった女性のうち4.5人に1人が1日に1回しか歯磨きをしていなかったという計算です。

さらに、一般的な認知症であるアルツハイマー型認知症になったひとのほとんどが歯周病にかかっていました。これは、歯周病菌が脳に到達したとき、神経の炎症や脳損傷を引き起こすためだと考えられています。

アルツハイマー協会のジェシカ・スミス氏は「口腔衛生や歯の健康状態と認知症にはなんらかの要因があると考えられてきましたが、この関連性を証明する十分な研究がなされていませんでした。しかし、今回の研究でそれが明らかになりました」と語りました。

カンザス大学のアンバー・ワッツ氏は「今回の研究では調査の対象になりませんでしたが、頭部外傷や栄養失調によっても歯を失うことはあります。これらも認知症になる可能性を上げることになります」といいます。

研究者らのアドバイスによると、「毎日の口腔ケアや入れ歯、義歯の使用は認知症のリスクを減らすことができる」そうです。

健康のためにも歯磨き必須!

アンバー・ワッツ氏が「歯磨きをすることは間違いなく認知症からあなたを守ることにつながります」と述べるとおり、歯の健康は認知症だけではなくさまざまな病気につながる可能性の大きいようです。 http://news.ameba.jp/20120916-431/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本顎関節症リハビリ研究室 in 仙台
link-arrow  http://kamiawaseha.com  かみ合わせ歯  メイン
link-arrow http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth
link-arrow http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant 

川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
link-arrow http://milky.geocities.jp/kamiawaseha
〒983-0023
仙台市宮城野区福田町1-2-3
  電話 FAX 022-259-3022
eメール kamiawase@gmail.com かみ合わせ
    インプラント外来   
●ビデオ link-arrow http://jp.youtube.com/keepsmile31
●ブログ link-arrow http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~