み合わせ治療の大切さ & 身体のバランス


動物では,歯の第一の働きは,生きるため,食べるために攻撃する武器です.

ヒトの口と歯の働きは,「噛む運動と発音」そして「美しさ,清潔の象徴」でもあります.
口と歯の働きは,
第一は,咀嚼(そしゃく)運動という,食物を歯で食べる運動です.
   強くしっかりと食物を噛めることは,大脳の血流量と関係が深いのです.
   老人の歯の本数と心臓の不整脈と関係が深い事が報告されています.
   噛む筋肉の咀嚼運動は,第三の心臓(第二は,足)と言われている.
現代の食生活では,柔らかな食事で,噛む回数が減り,咀嚼筋が弱ってきています.
img1070b5471qc4zk_1xface
第二は,嚥下(えんげ 飲み込む)運動を 助ける働きです.
  水やつばを飲み込むときに,上下の唇を付けて,
   上下の奥歯を噛まないで接触させないで,飲み込んでください.飲みこめますか ?
   飲み込みにくく,驚きませんか??
   飲み込むときに,無意識に,奥の歯を強く食いしばって接触しています.

第三には,ストレスに,食いしばって対抗する.
  ここが 現代のストレス社会では大切かもしれません.
  無意識に行われている「くいしばりと歯ぎしり」です.
  ストレスの発散と関係しています.
  くいしばりは,強い力で,持続時間が長いと,問題を起こします.
  過度の力は,歯だけでなく顎の関節,かむ筋肉,首の周りの筋肉の緊張,
  交感神経の興奮とも関係しています. <ストレスと緊張性歯根膜咀嚼筋反射>

第四には,歯と咀嚼運動は,頭を支え姿勢を支える,首の筋肉を支えています.
  歯の本数(上下の歯と歯の接触面積,義歯の有り無し)と
  姿勢のバランスが関係しています. <咀嚼筋と 緊張性頚反射 >  
咀嚼と脳を参考に

B_07_1

がく関節症」から咬合こうごう/かみあわせ関連症候群(咬合不安定症)」へ

「咬み合わせのバランスを取る咬合リハビリ治療」をすると
「慢性頭痛や 不快な首の痛み,めまい,肩こり,背中の痛み,アゴの関節の痛み」や,時に「腰痛や膝の痛み」までも軽減するかたがいます.

現代社会は,柔らかい食事で 噛む回数が減り,咬む筋肉が弱り,
また,ストレスによる歯のくいしばりが強く,
咬み合わせのバランスランがよくないと,
症状が強く出るみたいです.


今まで歯科医師に嚙み合わせの検査と診断を受けたことがありますか ?  
咬み合わせの検査と診断とは,どんなことをするのでしょうか.
咬み合わせって,そんなに大切なのでしょうか?
慢性頭痛や首や肩,そして背中の痛み,めまいなどで,嚙み合わせ専門の歯科医師に咬み合わせの検査治療をうけてみませんか.
患者さんの実態との関連は,フィールドワークが不足していてまだ不明な点があります・・

kaikokk
tomo

アゴ関節が痛い,関節から音がする,口が開かない」などのアゴの関節を中心とした症状があるときは 今まで日本では,「顎関節症」と呼ばれています.
咬み合わせのバランスが不安定で,かつ「ストレス」「くいしばり・歯ぎしり」が強いと,
アゴの関節だけでなくアゴだけでなく,首の筋肉に負担がかかります.
tutumi2
tutumi3

実は現代医学で見逃されているのは,咬み合わせる咀嚼筋の緊張により首の筋肉にも緊張を起こさせるための「慢性頭痛,首筋の痛み,めまい,肩こり,背中がはる,姿勢が悪くなる,腰痛が起こりやすい,etc.」という「咬合関連症候群(咬合不安定症)」です.くいしばりと咬み合わせと噛む筋肉首の筋肉と関連が深い症状なのです.

 日本全身咬合学会などでは,「顎関節症」という病名は,原因も症状の部位を表しているものではなく,あまり適切とは思われないと言われています.
 顎関節症の病名では,咬み合わせからくる「
咬合関連症候群(咬合不安定症)」である筋肉・関節の症状を見逃しやすく,「顎関節の症状」は単なる一部のみではないかという考え方が広まってきています.
 そのため病名は「顎関節症」(アゴの関節雑音,関節痛)は,過去の病名になりつつあります.
21世紀は,慢性頭痛,首の痛み(変形性頸椎症),めまい,偏そしゃくから来る姿勢の変化などをも考慮した「
咬合関連症候群(咬合不安定症)」と呼ぶ方が適切と思います.

私も,顎関節の症状も含めた総称としての「咬合関連症候群(咬合不安定症)」と呼びたいのですが,日本の健康保険制度の診療における病名では,「顎関節症」でないと第一段階の「スプリント治療」が出来ないため,あえてしかたなくここでは「顎関節症」と呼びます.実態は,咬み合わせ不安定からくる「慢性頭痛,首筋の痛み,めまい,肩こり,背中がはる,姿勢が悪くなる,腰痛が起こりやすい,咬み合わせが不安定な心身症,etc.」について咬み合わせからのアプローチで軽減できないかと臨床研究しています.


img910b79581qbiu7_2img881e34cc1qbqkc

顎関節症の検査と治療は,保険診療が 極めて低く,不採算になっています.
そのため,経営者としては,
出来れば敬遠したい.というのが多くの歯科医師の本音です.
顎関節症のリハビリ治療は,一部の熱心な歯科医師
犠牲的なボランティアによって成り立っています.

犠牲的なボランティアによって成り立っているためか,
咬み合わせからの顎関節症のリハビリを専門にしている歯科医師は,探さないといません.本当に少ないと思います.

まずは,スプリントという マウスピースを入れて,ていねいに何度か調整してもらい,スプリントを入れておくと,しょうじょうがけいげん

日本での顎関節症の噛み合わせからのリハビリ治療は、第一段階のスプリント治療(マウスピースのような装置、3割負担5千円ぐらい)の製作ができ一個のみが保険診療できます.二個以上は、保険適応していません.初診料を含めて 5から6千円ぐらいです.

また第二段階の接着性のプラスチックでのリハビリ的な補整治療は、現在のところ保険診療ができずに自由診療です.
申し訳ありませんが、第二段階のダイレクト・スプリント治療を
御希望の時は、患者さんの自己負担が数万円かかることがあります.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本顎関節症リハビリ研究室 in 仙台
link-arrow  http://kamiawaseha.com  かみ合わせ歯  メイン
link-arrow http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth
link-arrow http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant 

川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
link-arrow http://milky.geocities.jp/kamiawaseha
〒983-0023
仙台市宮城野区福田町1-2-3
  電話 FAX 022-259-3022
eメール kamiawase@gmail.com かみ合わせ
    インプラント外来   
●ビデオ link-arrow http://jp.youtube.com/keepsmile31
●ブログ link-arrow http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~