アゴの関節に痛みが
imgeab28f340ekceo
ハンカチ 体操
歯の上にハンカチを入れておかないと
指に歯の跡が着いて指が痛くなります
.私は,ハンカチ体操と名付けています.


口をかすかに開けて,4本ぐらいで下の歯の前歯の上にのせて,
口を閉じるように指を噛むように力を5秒ぐらい入れるのです
指では開けるように力を入れてアゴの閉じることに抵抗します
指を噛まないでくださいね 
 この時に 耳の前に 痛みがでませんか
 痛みがでないならば痛まない程度の力で
 
3-4回 試してみてください
その後 ゆっくりと 口を開けてみてください
少し楽になってませんか


年齢とともに歯並びが変化して,咬み合わせのバランスが悪くなると顎関節症が,悪化する方もいます.
マウスピース(スプリント)を丁寧に調整して症状が軽減したら,マウスピース(スプリント)をはずして,咬み合わせの検査をし,しっかり歯の接触していない歯の場所に,プラスチックなど貼り付けて,車のタイヤで言うとホイルバランスをとる治療まですると 90% 以上軽減し,大変再発しにくくなります.
 口で息しやすい方口呼吸のかたは,開咬とか上の歯が出ている上顎前になりやすく,上下の歯の接触状態があまり良くないことがあります.50歳頃になって悪化する方もいますので, 根気よく治療した方が良いと思います.


試してみるのは,カムカム体操です.
口を大きく開けて不快な側,痛みがある側で,水道のビニールホース太さ1012ミリぐらいの弾力のあるものを,奥歯で45秒強く咬み込んで見て下さい.その後痛みや不快感は変化しますか.強くなりますかそれとも軽減しますか.?軽くなりませんか.楽ならば,数回してみて下さい.
特に口を開けると耳の前の関節に痛みがあるとき,
右か左かどちらかに
ビニールチューブを奥歯に入れて
,「グーパ」と「グー」で23秒噛みしめて,「パ」で急に離して下さい.1,2,回です.かなりゆっくりです
右か左でどちらした後で
,口を開けるとで楽になるか,痛みが増すかあります.
必ず,確かめて下さい.
必ず,楽な方と,不快な方を確かめてから, 楽な方を数多くかなりゆっくりして下さい.
不快な痛みが強くなる方は 当分は しないこと
楽な方を噛むと,痛みが減りませんか
.
チューブを曲げて,奥に入れて,奥の歯で,左右同時に噛み込んでみてください
痛みがでなければ
5回ほどしてみて下さい.
かなりゆっくりです.
さらに少し前にして5回です.
吐き気のある方は,チューブを逆さにして下さい.
その後 ゆっくりと口を開けると ,口が開けやすくなってませんか.

チューブの弾力による反作用による等尺性運動め/操体法PNF
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本顎関節症リハビリ研究室 
 
link-arrow  http://kamiawaseha.com  かみ合わせ歯  メイン
 
link-arrow http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth/
 link-arrow http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant 

川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
link-arrow http://milky.geocities.jp/kamiawaseha
〒983-0023
宮城県仙台市宮城野区福田町1-2-3
 電話 FAX 022-259-3022
kamiawase@gmail.com
   インプラント外来
●ビデオ link-arrow http://jp.youtube.com/keepsmile31
●ブログ link-arrow http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~