顎関節症の進行度合いは

顎関節症筋肉緊張型は、あまり進行具合は 書きにくいです
  咬み合わせ不安定症候群と入った方が良いかもしれません
.
関節変形内部障害の進行具合を述べてみます

第一段階  
      アゴがこわばる。こめかみが痛くなる。
      口がまっすぐスーと開かない
,
      少しずれながら口が開く
      左右にアゴを動かすと
,左右差がある. 一方で噛みやすい

第二段階  関節付近が少し変形  低い関節雑音が出る
      口を開けるとき 音がしたり ガクガクしたりする
       時々 落ち着いたり
,ひどかったり, 交互に繰り返す
       左右にアゴを動かすと
,左右差が大きい.一方で良く咬む.

第三段階  開口障害 初期型
      時々 口を開けると少し痛かったり,口が少し開きにくい
      よくなったり  時々痛みが出たり, 交互に繰り返す
      一方でのみ良く咬む
. 片方は,はっきりと噛みづらいので使いにくい

第四段階  開口障害
      急に痛みのために
,口が指一本くらいしか開かない.

      
       
第五段階  開口障害 癒着型
      時間が経過しても治らない
      体操をしても効果がない
      スプリント治療も
3-6ヶ月しても効果が出にくい

 
関節が少し変形し 靱帯も少しのびている可能性があります
第一段階から段三段階の顎関節症は,
<<span style="font:12px "Hiragino Kaku Gothic Pro","ヒラギノ角ゴ Pro W3","Osaka","MS Pゴシック","MS PGothic", sans-serif; ">アゴの体操 スプリント療法  ダイレクト・スプリント EMGバイオフィ−ドバックを用いた極小タッピング誘導の咬合診断,臼歯部の中心窩接触咬合などの治療方法>
奥歯の左右の歯でしっかりとかみ合うようにする咬み合わせのリハビリ治療で95%の方は,有効です


多くの場合は
,歯の上にのせるマウスピースのようなプラスチックのスプリントという装置を作ります.
スプリントの調整を繰り返します.症状が軽減,改善するかどうかをリハビリティーションです
   
3-6ヶ月経っても 経過がよくないときは,時に口腔外科で注射か
外科治療が必要なときもあります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本顎関節症リハビリ研究室 in 仙台
link-arrow  http://kamiawaseha.com  かみ合わせ歯  メイン
link-arrow http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth
link-arrow http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant 

川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
link-arrow http://milky.geocities.jp/kamiawaseha
〒983-0023
仙台市宮城野区福田町1-2-3
  電話 FAX 022-259-3022
eメール kamiawase@gmail.com かみ合わせ
    インプラント外来   
●ビデオ link-arrow http://jp.youtube.com/keepsmile31
●ブログ link-arrow http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~